最新記事

夏の遠足

弊社は毎月1回、新人研修と福利厚生とコミュニケーションの場として遠足を実施しています。8月は夏ということもあり、少し足を延ばして青梅まで行ってきました!

ゲストに12月のイベントに出演予定の原誠さんと、過去にブラアク1と2に出演頂いた沢田聡介さんにも参加してくれました。

今回は、車で狛江を抜け、国領を抜け、甲州街道を走り、調布から中央道に乗り、八王子からは国道16号に降り、昭島を越え、福生に入り、奥多摩街道で青梅というコースでした。

それでは、まず、佐野の感想です。

・青梅駅
レトロな街並みで映画の看板がいちいち可愛かったです!インスタ映えの町。私がレトロワンピースを着忘れていたのがかなりショックでした。
この時代に昔の映画に出てきそうな公衆電話を設置していることがとても良かったです。喫茶「CoCoKaRa」のハンバーグランチ最高でした!量も多すぎないし、ごはんではなくパンをセットにしたのは正解でした。焼き立てのパンもハンバーグも絶品!

・赤塚不二夫会館
バカボンのパパやおそ松さん、赤塚不二夫作品は小学生低学年のころアニマックスで観ていました。中は赤塚不二夫先生の写真もいっぱい展示されていました。ひみつのアッコちゃんの昔のおもちゃがとんでもなく可愛かったです。とても古い少年ジャンプやサンデーがずらっと並んでいるのも圧巻でした。マニアにはたまらない場所なんだろうなぁ。赤塚不二夫作品のキャラクターを使ったオリジナルステッカーを作ったり、プリクラが撮れるコーナーは思い出作りにすごくいいと思います。こういうプリクラは小学生の時にゲゲゲの鬼太郎ロードで兄と撮った以来なので、会社の人たちと撮れたのは嬉しかったし新鮮でした!

・昭和レトロ商品博物館
私の好きなもので溢れかえっておりました。昔の駄菓子屋さん、おもちゃ、生活品、その時代に産まれてないからこそレトロに魅力を感じました。昔の褪せた色のデザインや可愛いフォント使いがとても好きです。お菓子や生活品のパッケージ全部素敵でした!関係ないですが原さんが2階に展示されている雪女がタイプだと気づいたこと、さらに紙芝居を披露して下さったのがめちゃくちゃ面白かったです。

・梅大福
なぜ梅干しと餡子がこんなにもマッチするのか。梅干しが全然酸っぱくなくて、でも甘酸っぱくて。とにかく美味しかったです!苺大福とか全然敵わないくらいにマッチしてました!外に建てられていた「どピンク」の旗もセンス最高です。

・日原鍾乳洞
人生初の鍾乳洞!
外のごうごうと荒ぶる川が、川好きの私をじわじわと興奮させました。入った瞬間の寒さで、半ズボンで来たことを後悔しました。そういえば冬ってこんな感じだったな、とも思いました。中はギザギザの岩になっていて面白かったです!身長低いから頭を打つ心配はありませんでした。いろいろな箇所ごとに怖い名前が付いているのが盛り上がりました。探検隊になった気分で寒い寒いと言っていましたが、最後はもう完全に登山をしている気分でした。最後の方は、ずーっと上り階段で体も熱くなっていい運動になりました!

・車内なぞなぞ大会
原さんのいい感じにスルー能力と聡介さんのひらめき力が発揮されていました。みんなでなぞなぞってこんなに楽しいことなのですね。

・【回らない】お寿司
幸せでした…お腹と心が…
【回らない】ってところがキーワードです。
ありがとうございました!

いつもの3人にプラスで原さんも聡介さんも参加してくださって賑やかでした。刺激の多い遠足になってとても楽しかったです!

はい、以上、佐野の感想文でした。ここまで読んでくださった方は、まるで小学校の先生になって、夏休みの絵日記の宿題をチェックしている気分になったことでしょう(笑)。佐野は、社会人です。今後、彼女の成長を見守ってください。

続きまして、牧野の日記・・・じゃなくて感想です。

1.青梅
映画のポスターがたくさんある街だと、説明も聞いていたし画像でも見ていた。実際に見てみるのとは、全然に違っていた。僕は映画ポスターイラストがかかっている映画館をさすがにリアルで見たことはないが、イラストの色使いや文字のフォントなどで「古い」ものであるとすぐにわかる。同時に感じる「なつかしさ」は何なのだろうか。その時代を生きたわけでもないのに。すごくノスタルジックな気分に浸れる、素晴らしい街だ。

2.赤塚不二夫会館
町の外科医院を改造して作られた建物。当時のトキワ荘の一室も再現されていた。テンション上がります。若いころの赤塚不二夫先生めちゃめちゃイケメンですやん…。少女漫画を描いていたのは出版社から言われて仕方なくだったとは驚き。ひみつのアッコちゃんよりも、ずっとギャグマンガを描きたかったそうな。どの時代も作家のやりたいことと管理者のやってほしいことは相容れないのだ。そして沢田が饒舌になった。「一時期赤塚不二夫にハマっていた時期があった…レッツラゴン、知ってる?」しらねぇよ。お前いくつだよ。

あとここで「たまねぎたまちゃん」なるものを見たときは流石に呪いかと思った。

3.昭和幻燈館
ジオラマにテンションあがりっぱなし。ジオラマほんとにいいっすよね。
レトロな街並みが再現されているのが大変にステキ。ねこのキャラクターは不思議な魅力があった。丸顔のねこ。なんなんだあいつは。店舗入り口にてレトログッズ発売中。吉永さゆりさんほんと美人かよ。さすがに新海さん女優あてクイズ強すぎ。

4.昭和レトロ博物館
原さんの紙芝居は忘れることはないでしょう。コーラの瓶缶集めたコーナー、懐かしの文房具コーナーなど、懐かしのアイテムてんこ盛り。駄菓子屋も店内に再現。さすがにこんな駄菓子屋はなかったなぁ。あとポケモンとセーラームーンは平成なのでは…?

こちらの2階が雪女コーナー。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が原作というか、まとめた人であり、この青梅が雪女発祥の地であるということが多数書いてあった。どこが発祥かというのは観光地において大事なファクターなんだろうな、となんとなく考えてしまった。

5.梅大福
梅食べれないわ…

超おいしい……
なにこれ…
梅酒のような甘さと酸味。
梅好きになりそうだわ。いい加減にしろ。

6.日原鍾乳洞
①すげぇ!入口だ!水だ!霧だ!前見えねえーwww
②うわさむっ!マジかよこれ持たねぇよーwナメてたわーww
③いやー奥の方もっと寒いしww水滴やべぇwwめっちゃ冷えるわーww
④………。
⑤…のぼり多くね?
⑥…暑くね?
⑦……ナメてたわ…
昔の人が地獄を見たように思えるのも本当に無理はない。
非常に神秘的な中に恐怖の対象を見た気がする。
上が高すぎて見えない「天井知らず」などまさにそんな恐怖。

7.喫茶タイニータイニー
生メロンサワーとキッシュが忘れられない。
新海「ここで修行したいっす。」
原 「通いますか?」
新海「住みます。」

わかる。

8.栄寿司
い か ん せ ん 馬 刺 し た る や 。
全日本何頼んでもうまい選手権代表みたいなお店でした。
ねぎとろ、サーモン、サンマ、中トロ、
天ぷらかぼちゃ他。お酒もぐびぐび。しゃーわせ!

回らないお寿司にしては、寿司自体はそれほど高くないように感じる、ような気がする。ま安くはないのだが。俄然おいしかった。

8/28総評:しあわせ

以上、弊社の文豪牧野の感想でした。

私からは、今回、片道2時間弱のドライブ、猛暑だったにもかかわらず、当日は、少し涼しく、過ごしやすい日でしたので、もっと暑い日だったら、鍾乳洞の涼しさを満喫できたかな?と少し残念でした。

冒頭にも書いたように今回は、ゲストも参加してくれました。本当は、たくさんの女性ゲストにも声をかけたのですが、スケジュールの都合で、男性2名だけとなり、1台の車でおさまりました。いつか、たくさんの人数になったらバスを貸切って行きたいなと夢は広がります。

いや、本当に梅大福がとても美味しくて、もちろん、日原の鍾乳洞探索が結構な運動だったので、より一層美味しく感じたのかもしれませんが、本当に最高でした。おすすめの一品です。これ、ブラアクでお客様に食べてもらいたいな・・・。

これを読んでいらっしゃる方で、ブラアクに来るよ!っていう方は、ツイッターのリプで、梅大福食べたいとつぶやいてください。5人以上が、食べたいようならお取り寄せしま・・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

す!

言っちゃったよ。

ということで、花より団子の私からの感想はこれにて。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.

#Follow us on Instagram