最新記事

やりたかったこと、やりたいこと、やれたこと、やれること、これから。


僕は普段はタマネギの記事ばかり書いている変なおじさんではありますが、さまざまなことを手掛ける「株式会社BRANDNEWOCEAN.inc」に所属しています。まぁ変なおじさんであることに変わりはないんですが。
そのなかで現在メインとなっているおしごとの一つが、2か月に1度行うライブイベント「BRANDNEW ACTION」の主催。ライブハウスのブッキング(ほとんど全てが二子玉川にある「東京音実劇場」様ですが)やアーティストへのオファーなどもありますが、このイベントにて弊社代表のB.O.さんと2人で司会進行を行っています。

9月14日と9月15日、連日して大きな仕事がありました。

9月14日、この「BRANDNEW ACTION」の告知を中心に、様々な新しいアクションをサポートしつつ、弊社代表のB.O.さんと僕を中心に、時にはゲストのアーティストさんを交えて、時には弊社デザイナーの佐野佳菜ちゃんも交えたりして、アホみたいな会話を毎週お届けするラジオ番組「RADIO BRANDNEW ACTION」の収録がありました。

あ、ダイマしますね。

「RADIO BRANDNEW ACTION」
83.4MHz エフエム世田谷 毎週水曜23:30~23:45
初回放送10/3 インターネットから視聴可能です

ラジオパーソナリティ、ぶっちゃけ興味あって、すげぇやりたかったことなんです。インターネットラジオとかそこまで聞かない僕ではありますが、ゲーム実況なんかは大好きで、この人たちがたまにゲームをやらず、ひたすら話す回とかあるんですね。ラジオ回とでも言えばいいでしょうか。

たとえば俺たちのむつー。
これ好きすぎてやばい

こういうことをやりたくて、いや別にウンコ漏らしたいわけではないんですけど。前からすごい興味あったんですよね。好きなことひたすらしゃべってよくて、それが配信される。すげぇ面白そうだなと。そんな自分のトークに自信があるのかと問われれば「ないわけではない」くらいです。友人などとは笑い話をたくさんできる、くらい。全国に配信してそれがウケとれるかどうかはわかりませんが…でも結構、そういうのって試してみたいっていうようなところあるじゃないですか。
ないっすか。

さて、9月14日の話に戻りますが、この日はラジオの収録日。初収録ですよ。そりゃ番組開始日の収録するんだから初収録に決まってるんですけど、僕が人生で初めてラジオパーソナリティをする日なんです。ラジオ自体は、まだこの会社に入社する前に「BRANDNEW ACTION」にてクソドラムで出演した際に、同じくエフエム世田谷様にて「ラジオ東京音実劇場」に出させて頂いたことがあります。クッソ楽しかったです。その時は番組の司会進行の方々がそれぞれおりまして(そのべ博之さん、飛志津ゆかりさん)ゲストのような形でのラジオ出演でした。

その時とは違って司会進行役は僕らです。そしていきなり、収録初日。とあるゲストの方が出演して頂けることに。

マジでクッソド緊張です。

台本はB.O.さんに書いて頂きました。マジでありがとうございます(切実)ですが、誰かゲストを交えての…というトークはなかなかしたことがありません。どなたが出たかはまだ申し上げられないのですが、とりあえずWikipediaに名前のある方、と言えば、知名度及びファンの方が少なくないことはわかるかと思います。ここですごく、「責任」みたいなものを感じたんですよね。僕らがアホみたいな会話をしているだけならいいんです。でもゲストの方が来るということは、その方のファンもそのラジオを聞くわけなんですよね。それってライブイベントの司会進行も同じじゃんとか思うこともありますが、なんか別なんです。なんというか、まずライブイベントと違って顔が見えないヤツがなんか喋ってると。そして収録。生ではない。声だけでなんとかしなきゃならない。加えてラジオパーソナリティは初と、なんか自分のなかで超責任重大じゃねぇか!と勝手に思ったわけなんです。

でまぁ実際どうだったかというと、個人的には、「なんかくやしい!」だったんです。

ゲストの方がB.O.さんと同年代ということ、加えてB.O.さんは音楽の知識が非常に広いということで、音楽に真剣に向き合ってきたゲストさんとの会話が非常にはずみます。録音していない時の雑談がマジでノーカットでお送りできるレベル。すさまじい。対して僕はゲームに遊びで向き合ってきたおじさんです。会話入り込めないんです!努力してみたものの、緊張が邪魔をしてくる。お二人の会話を笑って聞いてましたが、内心うおおってずっとなってたんですよね。もっとうまくやれたと思っていたんですが、思ったよりも全然奮わなかったんです。

この時改めて思ったのは、パーソナリティってすげぇなと。もしかすると自分とは土俵どころか趣味や思想も違うような人たちに対して、色んな会話をして色んなことを引き出し、視聴者を飽きさせないよう進行する。いやマジでタモリさんて本当に本当に凄いよ。もう本当に勉強不足の自分がいました。

そして迎えた9月15日「BRANDNEW ACTION Vol.9」。
過去の「BRANDNEW ACTION」に何度も出演して頂いて、たくさん盛り上げてくれる元吉茉莉花さん。我々にとっての仲間の故郷が、西日本豪雨で被災してしまったところからこの「Vol.9」は動きました。このあたりは代表のB.O.さんが思いの丈を綴った記事がありますので。そちらを是非ともご覧いただければと思います。

ずっと共に来てくれて、たくさんイベントを盛り上げてきてくれた仲間が困っている、俺たちに何かやれることはないか。

売上全額を寄付する、チャリティーライブをやろう!!

そうして「BRANDNEW ACTION Vol.8」が始まったのです。

そのなかで僕も、何かやれることはないかと考えていました。それに加え、僕はこの「BRANDNEW ACTION」自体をもっと盛り上げたいとも考えていたんです。まだまだ小さな規模のライブイベントです。知名度も、もっと頑張って上げていく必要がある。まだまだ胸を張って「黒字です!」と言えるイベントではなく、その中で自分ができることは何かないのかと。

営業や、集客の方法を模索するなど、たくさんの方法があるかと思いますが、その中でやってみようと思ったことは、自身が演者となって出演し、何か名物になるようなものを作り上げること…!自分自身が「また来たい」という存在になる…ということでした。

…どう考えても遠回りな気がしますし、何を偉そうなことを考えているんだと思われても仕方のないことですが…。アーティストのブッキングをする際などに、色々とライブハウスのイベントに足を運ぶことがありまして、それでかなり感化されてしまいました。この世にいる数多のアーティストの皆さんは、どんな形であれ自己表現をする場を作り続け、ファンを増やし続け、活動を続けているわけです。僕も自己表現は大好きで、ヘタクソですがドラムも叩きますし、歌も歌うのは好きですし、司会も好きですし、ゲーム実況とかやってみたいなとずっと思ってましたし…

そういう沢山のアーティストを見て、くやしいというか、いいなぁというか、もう完全に自分も何かやりたい!と思ったんですね。僕らはライブを主催する立場、ライブイベントを行う立場であるので、発表の場はもうあるわけです。この中で主催側が何かやる催しが名物になるのってすごく面白いことなんじゃないかと。もう早い話が僕出たがりなんですね。

じゃあその中で何をやるか、
僕ずっと、いつかコントがやりたいと思っていたです。
特にラーメンズ・バナナマン・東京03、大ファンです。

このチャリティーライブ、主役はもちろん元吉茉莉花。ではこのイベントの前座のようなカタチであれば、コントをやれるような環境なのではないだろうか。

この他にも、弊社代表のB.O.さんがレッチリをカバーして歌うバンド「Melancholic Mechanics」。このバンドはB.O.さんが「仲間の元吉茉莉花が困っている、俺達でも何かやろう」と、過去の「BRANDNEW ACTION」に出演してくださった方々に声をかけ、「やりましょう!」と賛同(即答)してくれた人たちで結成されました。
また、広島が同郷であった「山路貴澄」さん。弊社デザイナーの佳菜ちゃん激イチオシのロックンロールと叫ぶ方です。是非上記リンクから山路さんのtwitterページに飛んでみてください。プロフィール画像から伝わるこのめっちゃ良い方感。そしてパフォーマンスの唯一無二感。曲の途中でお客さんにクイズを出す。一度聞くと離れないおばけ。名曲ロックンロールでホームランは泣く。そして控室や打ち上げで感じた。写真のイメージを更に上回る良い人。すこ。そんな山路さんも、この「BRANDNEW ACTION Vol.8」への出演を快く引き受けて頂けました。ありがたい!!
最後に当然、主役のジャスミンこと元吉茉莉花。彼女のパフォーマンスはもう、本当に見ないとですね。かわいい声も綺麗な声も使い分けて歌い、時には絵本で読み聞かせを行う。今回は故郷の広島・小屋浦の「あるある」をまとめたフリップ芸を披露。彼女は何より無意識から出る行動や一言が非常にぶっ飛んでいて、毎回何が出てくるのか本当にわからない。(たぶん本人もわからない)。彼女のファンが少なくないのもよくわかる。何が出てくるかわからないから、目が離せない。それは「面白いもの見たさ」と「子供がどっかいっちゃうのを見守る危なさ」がうまく(?)融合されていて、とりあえず見とかねぇと、となっちゃう。その中で長く応援してくれたファンへの気配りも忘れない。こういうところ、本当に凄い。

僕は、そんな豪華なメンバーでお送りする「BRANDNEW ACTION Vol.8」の前座でのコント、及び、全体の司会進行を代表のB.O.さん2人で行いました。司会の経験は過去の「BRANDNEW ACTION」でも何度か行ってるし、もっと言えば中高の吹奏楽部の演奏会(パーカッション担当)でも司会進行は行っていた。まぁ学生と社会人じゃ立場は全然違いますけど。

ずっとどこかで、やりたかった!と思っていたコント、とうとうやることができました。当たり前ですけどめちゃめちゃ大変でした。台本初めて書くから、改めて声に出してみると超つまんないわけですよ。あーじゃないこーじゃないと毎週末相方と集まって毎週台本書き換えてたら、本番3週間前になって台本が決まってない始末。台本決まってないから内容覚えるとかそういうレベルのハナシじゃないんですね…。もうこれでいこう!スベったって知るか!となったのが丁度本番2週間前。そこから動き加えて覚えていって、相方はコント失敗を夢に見る始末。追い込まれ放題。

そして当日、リハーサルにて、僕が今までの練習でも飛んだことがないところで台本が飛ぶ、焦る。更にこちらは主催者側兼司会進行も行うので、相方と控室で最後の合わせを行う時間もなく、本番を迎えました。

結果としてどうだったのかというと、「何もかも初めてづくしにしては良かったのでは」という手ごたえでした…!

演目が途中で止まることなく、そこそこの笑いも起きてくれて(こればっかりはお客様に感謝せざるを得ません)、嬉しかったです……。

ただ、ネタの手ごたえはそこそこでしたが、ホントに反省点が多かった…。

まずネタ、練習中でも相方にゆっくり喋ろうな!と注意するようなカタチで言っていたのに、いざ本番で僕の喋りがめっちゃくちゃに早かった。平均16分超えるネタなのに本番は14分ほどで終わってしまった。聞き取るのが困難なレベルで早口になってしまった。ホント申し訳ない。

もう1点がホントに個人的には悔しくて、何度も述べておりますが「BRANDNEW ACTION Vol.8」はチャリティーイベントです。西日本豪雨への寄付金を募るため、さまざまな催しを行いました。このイベントの司会進行は僕とB.O.さん。ですが、このイベントの趣旨コメントや各種催しの進め方。その他普通にMC中のコメントなど、もーいろんな事が今回力不足だなと自分で感じました。任せっきりでした。っていうか結構いっぱいいっぱいでした!!

いや、イベント自体はおそらく、本当に成功したと思います。それは出演してくれた元吉さん、山路さんをはじめとし、何よりお客様全員がマジで意味わからないくらい暖かかった…。プロなのはお客様の方。マジで。

その中で自分が何をしたのかというと、司会進行は任せた状態で、やりたかったコントももっとやれたんじゃないかという状態。

「達成感」と「後悔」、少々土俵の違うところにそれぞれ立っているヤツらかもしれませんが、この2つって割と相反するものですよね。達成感MAXの出来事ならば後悔はしないだろうし、後悔MAXなら達成感なんてまぁないでしょうし。んで今回のイベント、ほんと、イベント自体はコンセプトから素晴らしいもので、お客様も笑顔で帰って頂いたものでしたが、自分の評価は達成感と後悔が丁度半々くらいでした。

やりたかったことがあった。
やれる機会があった。

もっとやれたと思ってた。
もっとやれることはあった。

正直この文章は、「自分がやりたいなぁと思ったことが、自分が思ったよりもうまくやれなかった。マジかー」なんていう稚拙なモノをつらつら長く書いてるだけの感想文なんですけど。やっぱ、なんか悔しくて。

最後にもうひとつ。

「達成感」と「向上心」は相反するまではいかないと思いますけど、ある程度比例してどっちかが下がってくるんじゃないかななんて思います。達成感がMAXなら次も同じようにやれば問題ないわけですから。

僕の、これから
がんばんねぇとな…。

※追記(ダイマ)
ラジオゲスト、及び次回の「BRANDNEW ACTION Vol.9」にご出演頂いたのは「国府達矢」さんです。

「BRANDNEW ACTION Vol.9」
場所:池袋 LiveHouse mono
日時:10/28(日) 18:30OPEN 19:00START
出演:国府達矢
さいたま篠笛x
and more!!
料金:3000円(ドリンク別 500円)

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.

#Follow us on Instagram