はじめまして!BRANDNEWOCEAN.incの原と申します。 ライブイベント「BRANDNEW ACTION」での活動を通じて沢山のアーティストと出会いました。 彼らの多くが音楽配信サービス(AppleMusicやSpotifyといった音楽サブスクリプション)を作品発表の場として利用し、積極的にSNSで発信しています。 メジャーアーティストのサブスク解禁も増えてきており音楽業界ではもはや常識となりつつあります。   …そこで! これから音楽配信を始めたい!というアーティストを応援するべく!!  

♪音楽配信代行サービス♪

【デジタルディストリビューター】

  について調べました!!!!   【デジタルディストリビューターとは?】 AppleMusicやSpotifyと言った音楽配信ストアへの楽曲登録を代行してくれるサービスのこと。 本来であれば、ストア各社と個別に契約を結び、定められたフォーマットに対応しなければならない。安い単価に対してアーティストの労力は大きく、こうした背景からデジタルディストリビューターが誕生した。登録代行だけに留まらず、流通において積極的にアーティストのサポートを行っている。 ※画像はイメージです。   本ブログでは、 ①代表的なデジタルディストリビューターの紹介 ②デジタルディストリビューター各社比較 早見表 ※ダウンロード可 ③アーティストによるインプレッション 3つの観点からご紹介したいと思います。 ※2020年4月時点の内容です。(2020年9月一部修正) ※金額等はストリーミングの料金です。ダウンロードや販売は除く。  

それでは早速行ってみましょう!!

 

♪♪♪♪♪

 

《代表的なデジタルディストリビューターの紹介》

tunecore JAPAN Frekul BIG UP! cdbaby LANDR 近年、多くのデジタルディストリビューターがサービスを提供しており、各社サービス内容が異なります。その中でも代表的な上記5つをピックアップしました。 それぞれの料金や特徴、使えるポイントをざっくり解説していきます。  

①tunecore JAPAN

2012年創業。日本のディストリビューター業界では代表的な存在。(本家はアメリカで2005年創業) 有名・無名・ジャンルを問わず幅広く利用されており、世界185カ国以上の配信ストアへ配信が可能です。 ■料金 1シングル¥1,410/年〜 1アルバム¥4,750/年〜 ■収益 100%還元 ■特徴 ボーカロイド楽曲配信可能、ハイレゾ音源にも対応。アーティストサポート機能も豊富で、様々なオーディションや配信ストアでピックアップされやすくするサブミット機能、YouTubeでの収益化支援、ビデオ配信支援など様々なサービスを提供しています。料金は他のディストリビューターと比べると割高感がありますが、利用アーティストの多さ、2019年の還元額55億円という確かな実績に裏打ちされた安心と信頼は絶大です。 tunecore JAPAN https://www.tunecore.co.jp/    

②Frekul

代表の海保けんたろー氏は22歳からプロドラマーとして活動していたミュージシャン。29歳で起業しFrekulを通じて15,000組以上のアーティストをサポートしています。 ■料金 ¥0 ■収益 60%還元 ■特徴 利用料が一切かからないという部分が最大のメリット。「マネージャー」「事務員」といったAIキャラクターとの会話形式による簡単操作でユーザーに優しい作りになっています。音楽業界人に曲を聴いてもらえる可能性が広がる”スマートオーディション”や、カラオケ配信サービス(有料)、SHOWROOMとの提携も魅力。 料金がかからない分還元率が低く配信日指定や楽曲情報(メタデータ)の登録が出来ないなどデメリットもあります。とりあえず始めてみたい方にオススメ。 Frekul https://frekul.com/    

③BIG UP!

2016年にavexがスタートさせた音楽配信総合サービス。 大手ならではの充実したサポート機能で、アーティスト活動を多方面から支援してくれます。 ■料金 フリープラン ¥0 ベーシックプラン 1~2曲 ¥990(税込) / 年 3~6曲 ¥2,390(税込) / 年 7~25曲 ¥4,490(税込) / 年 ■収益 フリープラン 70%還元 ベーシックプラン 100%還元 ■特徴 配信先が40以上と非常に多く、日本国内の主要配信ストアはほぼ網羅しています。 料金はtunecoreとFrekulのいいとこ取りで、無料・有料2種類からスタイルにあったプランが選べます。常時開催の様々なオーディションや、独自メディア”BIG UP!zine”によるアーティストレコメンドなどSNS上での活動を強力にバックアップしてくれます。デメリットらしいデメリットが見当たりません。 BIG UP! https://big-up.style/    

④cdbaby

世界トップシェアを誇る老舗音楽ディストリビューターによるデジタル音楽配信サービス。 世界中で60万以上のアーティストが利用し、その配信や販売など音楽流通を一手に担っています。 ■料金 スタンダードプラン 1シングル$9.95(¥1,070)、1アルバム$23.20(¥2,499) ■収益 91%還元 ■特徴 本サイトは全て英語ですが日本語サポートサイト「SpinApp Japan」があります。 (情報が更新されていないですが・汗) 料金は1タイトル毎なのでランニングコストがかからず、且つ還元率91%と好条件。 (料金が高いプロプランが用意されてますが、各国権利団体への所属や権限の実行を含めたプランです。権利団体の中に日本のJASRACは含まれていないので、日本からの利用においてはスタンダードプランで良いと思います。) また日本では馴染み薄ですが、TIDAL、Pandra、Napsterといった海外の有名ストアへの配信が可能。英語スキルに自信があり、世界トップシェアの老舗サービスを使ってワールドワイドに活動したい!という方にオススメです。 cdbaby https://cdbaby.com/ SpinAppJapan(日本語サイト) http://www.spinapp.jp/cdbaby/index.html    

⑤LANDR

オンラインマスタリングサービスの会社としてスタートしたカナダの会社です。 若干あやしいですが日本語に対応したサイトは、親切な設計で好感が持てます。 ■料金 ベーシックプラン ¥400/月 ■収益 100%還元 ■特徴 最安プラン月額¥400(実質料金)でmp3音源を曲数無制限で配信出来ます。還元率は100%。また、クラブDJ御用達の有料配信サービス「Beatport」への配信が出来るのも魅力。マスタリングオプションや、ハイレゾ・WAV形式での配信が可能なプランもあり、用途に応じて幅広く選択が可能です。 低コストで大量に配信したいアーティスト・音楽レーベルには特にオススメ。 LANDR https://www.landr.com/ja/  

♪♪♪♪♪

 

《ディストリビューター各社比較 早見表》

ピックアップした5つのディストリビューターを含む8つのサービスを、 ・具体的な利用料金と還元率 ・配信日や配信日指定 ・その他サービス で比較してまとめました!  

≪注釈入りエクセルファイルをこちらからダウンロード出来ます≫

ディストリビューター比較1.2

 

♪♪♪♪♪

 

《アーティストによるインプレッション》

ライブイベント「BRANDNEW ACTION」に過去ご出演頂いた3組のアーティストとB.O.さんに使用感や音楽配信についての想いを聞いてみました!   あざらしさん @azarashi10 tunecoreを利用中。 「そもそもCDを出したりする上で大手流通会社と提携しています。 提携会社を通じてtune coreを利用しているので、あまり参考にならないかもしれません!」 <良い点> 手軽に世界に配信が出来るのと、個人での配信は費用がかかりますが、提携会社を通じてなので費用0配信の手間0で利用できてます。 <悪い点> CDを売るより単価が安く、提携会社を通じている為更に収益率は下がります。収入面だけ考えると配信だけでは厳しいです。 「個人的な意見としては、デジタル配信はやるべきだと思います!ただ自分はCD世代なので大好きなCDを死ぬまで作り続けて行きます!配信もやりながら!」 あざらし透明感のある歌声とピュアな心でピチピチと活動している千葉県出身歌う癒しモンスター『あざらし』。 時に優しく、時に激しいストレートな歌詞で自分の心の奥底にある深い感情を歌い、広く活動中。ファンに「元気」と「癒し」を与え続けている。 島村楽器主催アコパラ全国大会にて優秀賞を受賞。2019年11月初の全国リリース作品「明日元気になれ」発売。     ぎゅうにゅうとたましいさん @milksoul0922 BIG UP!を利用中。 「まだ会ったことない人にも自分の音源が届く!無料!!BIG UP!のプレイリストに入るとtweetで分かるし、また広がりますし!充実している気がします!」 ぎゅうにゅうとたましい 2017年8月よりライブ活動を開始。 「生活」をテーマに独自の視点から綴られるリリックと自作のトラックで日々の出来事をゆるっと切り取る。 2019年12月、1年間のライブ活動の集大成的アルバム「きっとPOP」配信リリース。     山路貴澄さん @sumikata512 未利用。 「ライブハウスで直接会って聴いてもらって、手土産として買って帰って貰えるか?みたいな、実演販売のスタンスで活動してます!でもやっぱり広く世界中の人に聞いてもらえる!!という強みはある!! 今もなお、様子を見ながらやってみる日が来る!?かも!?ロックンロール!!!!!」 山路貴澄2019年は台湾でのライブイベントやワンマンライブを決行! 弾き語り・バンドとスタイル問わず、独創的な歌詞と共に繰り出されるロックンロール。 裸が見たい!過激なロックンロール。 人生がクソなのは!悲しいロックンロール。 おばけが出た!不思議なロックンロール。 愛していると言ってくれ!恋のロックンロール。 ドーナツが大好き!おいしいロックンロール。 ロックンロールとは何なのか!!?知りたいならば山路貴澄を聞け!     B.O.さん @brandnew_action Frekulを利用中。 <良い点> 操作画面がシンプルで配信設定や口座設定が簡単わかりやすい。カラオケ配信手続きもしてくれる。showroomと提携してるので配信したい人はラク。手数料が永年無料。 <悪い点> 配信スタートが2~3か月後でいつかわからない。配信日指定が出来ない。入金が半年後なのですぐにお金が欲しい人には向いてない。収益率が6割と低い。 弊社代表 B.O.のプロフィールはこちら!!  

♪♪♪♪♪

 

いかがでしたでしょうか?

  海外のディストリビューターを含めるとまだまだ沢山あるのでとてもご紹介しきれませんが、利用料金・収益等の金額面とサービス内容を比較することで、雰囲気だけでも掴んでいただけたら嬉しく思います。 各社の良い点と不便な点を理解し、自身のアーティスト活動に最も適したプランを選択することがとても重要ですね! また、当たり前ですが配信して終わりではありません! 日々の”知ってもらう為の活動”が最も重要です。 どうやって聴いてもらうか?を考え、デジタル・アナログさまざまな発信・活動を続けていらっしゃる3組のアーティストによるインプレッションはとてもリアルで参考になりました! 多くの音楽ファンと接点を持つことで、アーティストとしてより可能性が広がる。 これは間違いありませんね!! さまざまなサービスを上手く活用して、実りあるアーティスト活動を!! 微力ではありますがBRANDNEWOCEAN.incは、

頑張っている全てのアーティストを応援しています!!!!!

  2019年12月26日 遠足レポート   初めての旗揚げ公演観劇。新しい一座の始まりの物語。BRANDNEW ACTION!! ということで、こちらもはじめての大勝軒で特製もりそばを頂く。どこかなつかしいその味わいの余韻とともに、会場へ向かう。   劇空間アトリエファンファーレ東池袋 士言堂 旗揚げ公演 異聞奇譚其ノ壱 「満月に躍る」 劇の舞台は大正時代。不思議な力を使い怪奇事を解決していく「怪奇屋」が巻き込まれる様々な事件。“妖怪”や”奇術”といった和風SFなモチーフに、アクションあり笑いあり涙ありとエンタメ要素てんこ盛りの活劇。   登場人物1人1人の衣装がとても良くできており、キャラクターの個性と時代感・作品世界を際立たせている。アクションシーンでは、見た目可愛らしく無邪気な式神・百日紅が巨大な牛鬼をワンパンでぶっ倒すシーン。引き立つ百日紅の強キャラ感。画が浮かんだ。 TVのドラマや映画と違い、少ない舞台装置・役者さんの演技で観客をグイグイ引き込んでいく。見る人の脳内で場面や背景が補完される。映画や漫画アニメ等の体験に依るところ。観劇の楽しい部分。   そして、主人公 ”清ちゃん”と幼馴染の女の子 ”夏子”の関係性。 気が付くと、清ちゃんと夏子を「金田一少年の事件簿」の一ちゃんと美雪にダブらせて見ていたのでした。(堂本剛&ともさかりえのTV版) 盲目的なまでにまっすぐ清ちゃんへと向けられる眼差し。一生懸命お世話を焼き、そしてトラブルに巻き込まれていく。いちいちオーバーなアクションやリアクションがコミカルでとても愛らしい夏子。 対して、清ちゃんは抑え気味のお芝居で2人の関係性が見て取れる。一見やる気なさげだが、鋭い洞察力とキメるところはしっかりキメる男前。さすが主人公。清ちゃん格好良い。 この歳まで「幼馴染モノ」というジャンルに無自覚に接してきた自分。 あぁこういうの好きだったんだなぁ。これが”キュンキュンする”ってやつかぁ。(なんで金田一少年だったんだろうか。) 上岡福音さん演じる夏子、小澤田一樹さん演じる清ちゃん。とても素敵でした。   そして、飛志津ゆかりさん・そのべ博之さんの圧倒的存在感。 飛志津さんのセリフの迫力、そのべさんのいつもの前説からの悪役への変わりぶり。(からのボケ!)いつみても本当にすごいです。 終演後、牧野さん・hayabusa氏とお2人とでチェキ。 大変貴重な1枚になりました。ありがとうございました!!       作・演出、代表の塩澤剛史さんのTwitterにちょいちょいガンプラが出てくるので、アムロとフラウ・ボゥだったのかもしれないな。あ、でもあの二人にはキュンキュンしないな。何故だろう?? 幼馴染モノ、奥が深い。 2019年12月5日(木)遠足レポート 東京ビックサイト青梅展示場 ILAJ レジャージャパン2019   今回の遠足はお台場!!レジャージャパン2019にやってきました!! こちらはレジャー施設向けのアトラクション・アクティビティ・演出設備・サービスの展示会です。 http://leisure-japan.jp/   場内は、 「テーマパークEXPO」「ライブ&シアターEXPO」「レジャー&アウトドアEXPO」「集客コンテンツゾーン」「お土産&ノベルティエリア」 と大きく5つに分かれており、出店企業ごとの体験コーナーが充実。 フードコートやプロのパフォーマーによるライブステージもあります。   ライブやイベントの運営に携わる端くれとして、最新技術を使った演出や設備の数々は見ていて興奮します。 あのフェスで見たやつだ!とか、〇〇のライブで使われてたLEDこんな値段すんの!?などなど。   で、やはり目立っていたのがVRを駆使した最新デジタルコンテンツ。 体験型アトラクションにゲームに、あとVチューバー。 全身モーションセンサーに表情を検知するカメラと360度カメラ。というフル仕様。目の前の大型モニターに映るガワ(女の子) と、融合した中の人(男の子)の全力パフォーマンスを見学。 スタッフが5~6名と機材費。かなりの高コスト。身近になってきたなぁという実感があるVRですが流石プロ仕様。まだまだ趣味で手を出せる額じゃない。 実演を間近で見るという貴重な体験が出来ました。 株式会社クレッセント https://www.crescentinc.co.jp/   その他、セグウェイ的な乗り物ninebot S-PROの試乗や、 長谷川工業株式会社 https://www.hasegawa-kogyo.co.jp/product/product.php?id=886 シャボン玉が出るファンシーなスティック、 Lightuptoys.com(アマゾンのリンクしかありませんでした) https://www.amazon.com/Unicorn-Bubble-Solutions-Batteries-Included/dp/B07HYH5R7J   心がときめいたものを一通り見学。   そして以下個人的な一生のあこがれ。 ライブ&シアターEXPOに出展されていたEarthDome。 EARTHDOME ~夢木香株式会社~ https://earthdome.net/   レジャー&アウトドアEXPOに展開されていたグランピングパビリオン。(画像忘れました。) グランピングとは? ~一般社団法人日本グランピング協会~ http://glamping.or.jp/about-glamping.html   圧倒的な非日常感。映画的世界。   企業向けの見本市ということで当たり前なのですが、目を引く凄いものはどれも高額。 最新エンタメ設備の開発や、面白い・楽しい体験を創造することに大金と情熱を注ぎ、エンタメ業界全体を成長発展させていくこと。エンタメビジネスの最先端技術はやはり凄いです!! 僕らはもっと、閃きとか勢いやノリで勝負できるように頑張らないといけないなと思いました。 宇宙人の次は何を着ようかな。 2019年11月28日(木) 遠足レポート サンモールスタジオ 東京AZARASHI団 #15 「空飛ぶカッパ」   前回の #14「てっちゃんの写真館」から4カ月。 こんな短いスパンでまた東京AZARASHI団が見られるとは思っていなかったのでとても嬉しい。もうなんというかこの一言に尽きる。だって楽しい。 「空飛ぶカッパ」。水木しげる風の面長丸眼鏡老人と目がくりっとした可愛らしいカッパのイラスト。 もうこれだけで楽しい。妖怪いっぱい出てくるといいなという淡い期待。 直後にあらすじを読みそういう話ではないことを知る。 よし!あとはカッパに期待しておこう。と心に決め、カレーをかきこみサンモールスタジオへ。   幕が開ける。あとはいつ飛び出してくるかわからない笑いに身を委ねるだけだ。あとカッパ。   ……カッパ。あれ?   …..カッパ!!カッパ(笑)   ….カッパそれちがう   ……ぴーちゃんはよ。。。         …..カッパ出せ     といった、良い具合でカッパが出てこない(??)あっという間の楽しい2時間でした。 あらすじを読み返してみるとそこにはしっかり『本物の河童は出てくるのか!?』と振りが。本当に今作も良くできた脚本・演出。 そして、役者さんの熱のこもったお芝居。終始引き込まれました。   あぁ、東京AZARASHI団。人生の新しい楽しみ。 食べ始めたらおいしすぎて夢中でかきこみたくなる箸が止められない感覚。   舞台や演劇を見たことがないという方に強くお勧めします。   最後に。豚が最高でした。
2019年7月 遠足 レポート
25日(木)サンモールスタジオ 東京AZARASHI団#14『てっちゃんの写真館』
28日(日)青山 月見ル君想フ【笛団season2】~国境なき笛団~
7月3回目の遠足。(ご縁足。なんつって)
今回はいっきに2つ。
1つ目は演劇。
東京AZARASHI団#14『てっちゃんの写真館』。
飛志津ゆかりさん、そのべ博之さんがご出演された舞台。
RADIO BRANDNEW ACTIONご出演時は我々BRANDNEWOCEAN.incとのご縁やエピソードを、笑いを交え終始賑やかな雰囲気で語ってくださいました。
お聞きいただいた方はご存じかと思いますが、とにかくお喋りだけで楽しい場を作り上げてしまう飛志津さんとそのべさん。
この「面白さ」ってなんなんだろう?収録中・ONAIR中も原はそんなことを考えていたのでした。観劇ポイント。
いよいよ開場。
前説、そのべさん登場。場内アナウンスがすでに面白い。
そして開演。本編スタート。
マスターとお客さんとのやり取りで始まる導入部。のっけから面白い。
登場人物が矢継ぎ早に入れ替わり立ち代わりヒトくだり繰り広げる。ずっと面白いのだ。
そして落ち着いて見ようと思ったがすべて面白いので、そのうち原は考えるのをやめた。
↑の下線部はジョジョの奇妙な冒険第2部のラスボス、究極生命体「カーズ」にまつわる有名なエピソードで、無敵なのに詰んでしまった人が思考停止に至るさまをちょっぴり切なく描写したシーンだ。
….何が言いたいのかというと、こういった小細工で小ウケを狙おうという原のような如何にも素人考えっぽいいやらしさが、舞台上には微塵もないのだ。
役者同士の掛け合いとその「間」や「テンポ」「リズム」でガンガン笑わせにくる。面白いこと言ってない普通の場面でも面白いのって面白い。
「表情」や「声」「体」全てを使い観客に『楽しんでもらおう!!』というエネルギーがビッシビシに発せられていて、ヤバい。
飛志津さん、そのべさんのお喋りの楽しさの正体も正にこういった役者力だと瞬時に理解したのでした。
上演2時間ちょいあっという間。終始楽しい時間でした。ごちそうさまでした!!
2つ目は演奏会。   【笛団season2】~国境なき笛団~  。
笛団とはアマチュアによる20人編成の篠笛オーケストラで、【篠笛合奏の楽しさを体験しよう】というのがコンセプト。
ブラアクでお世話になっているさいたま篠笛Xさんとのご縁で遊びに行ってきました。
season2の今年は新メンバーでの演奏会。
お客さんの中には出演者のご家族や篠笛教室の生徒さんと思しき方々が詰め掛けており、とても和やかな雰囲気。
最初の演奏はスペシャルゲストのシタール奏者 田中悠宇吾さんと、タブラ奏者 池田絢子さんによるセッションからスタート。
タブラは何度か生で見たことあるけど、シタールの生演奏は初めて見たかも。あーやって音出すのか!それにしてもやっぱいい音!倍音楽器最高!インド!
続いて笛団。圧巻の総勢22名。
会場である青山「月見ル君想フ」のステージに上がった最大人数とのことで流石に窮屈そう。
演奏スタート。曲目は四季折々の日本の古典やポップス、アニメ曲から海外のディスコ~JAZZまでとても幅広く、アレンジも多彩で引き込まれる。
アマチュアの演奏会とは思えないレベルで奏者の方々も楽しそう。いいなぁこういうの。
終盤スペシャルゲストのシタール・タブラを交えてのコラボ演奏で一気にヒートアップしフィナーレ。一体感。
会場ではオリジナルフードとドリンクがあり、ニホンとインドをつなぐジャパンインディアクラブさん提供のJICロール(月・甘口)をいただきました。
かぼちゃのホクホク食感と甘めの味付けが優しい。美味しい。
青山「月見ル君想フ」の雰囲気と篠笛+シタール+タブラ+JICロールの折衷。ごちそうさまでした!!
飛志津ゆかりTwitter
@gomenasobase47
そのべ博之Twitter
@ojisan322
東京AZARASHI団Twitter
@azarashidan
笛団Twitter
@shinobue_fuedan
さいたま篠笛XTwitter
@SaitamaShinobuX
2019年7月5日 羽田マルシェ 遠足 レポート
@羽田国際空港 第2ターミナル 5F 展望デッキ
目的がなければどこにも行かないインドア派。
旅行に出かけるきっかけはいつも決まってPerfumeの遠征だ
札幌・宮城・長野・愛知・広島。旅の思い出は常にPerfumeと共にある。
念を押すがただPerfumeファンなだけでインドア派。
本来、その土地に行かなければ出会うことがなかったであろう美味しい食べ物や工芸品に出会える場所として“物産展”という催しを企画している人達がいる。
認知した若かりし頃は、生産者の苦労や努力も知らず「スーパーやコンビニで売ってくれたらいいのにー」などと呑気に思っていた。
その後、経済の歯車の末端として社会に出て額に変な汗をかきながら日々利益を追求し、商売の大変さを身をもって思い知るのだ
社会の仕組みや成り立ちを学び、おかげさまで少しは大人になることができました。なんの話だ?これ。
前置きが長くなりましたが、大好きなのです。物産展。
“デパ地下感”と言いますか、美味しそうなものが沢山並んでいる状態にワクワクしませんか??
酒呑みくいしん坊的反射で『あれには日本酒!これにはビールか?焼酎か?あ!ワイン?』と思考が止められない。ぐるぐるぐるぐるー!
手軽に旅行気分を味わえるという点においても嬉しい。
現在では様々な形態で行われている物産展。
以下、羽田マルシェの「テーマ」です。※要約して一部抜粋
“ヒト・モノ・コトが行き交い、賑わいや旅への高揚感が溢れる「羽田空港」。
そんな誰もがワクワクする場所で、立ち上がった地域創生メディア発信型マルシェ。
目利きのバイヤー、その土地で根を張って取材をしてきた地方創生アナウンサー集団『女子アナ47』が厳選したものを、出品者や自治体とプレゼンテーションしながらの即売。
会場特設ステージでは、YOUTUBE・ ライブコマース・SNSなど様々なメディア配信を実施し、空港に来られない人もメディアを通して楽しめる。
さらにアナウンサーや専門家によるトークセッションや、銘品バトル等の仕掛けで 羽田空港ならではの新しい〝情報特化型のマルシェ〟のカタチを実現します。”
https://hanedamarche.jp/
つまり、【ハイブリッドな最新型物産展】なのです。アナログとデジタルの融合。Perfume感!
会場に到着し、まず目に飛び込んでくるのがもう!全面ガラス張りの、その先に見える滑走路と!離着陸の瞬間鳴り響く轟音!航空機!
そう!ここは羽田エアポート!刺激的で甘いわー♪︎
そして、地域ごとにずっらーっと並ぶ出店ブース。美味しそうな特産品の数々。
そこかしこに目を奪われつつ、会場奥まで進み特設ステージへ。
というのも今回、遠足でお邪魔することになったきっかけフリーアナウンサー 山部朱里さんが『女子アナ47』として羽田マルシェに参加されているのです。
過去ブラアクの司会や、最近ではラジオにご出演頂き繋がったご縁。
ステージでは連日タイムテーブルが組まれ、『女子アナ47』の司会進行による出店者紹介や、土地に根ざした活動を展開しているアイドル・落語家・ミュージシャン等のフリーライブが行われている。テーマにもあるが、ステージの様子はインターネット配信により自宅にいながら楽しめるという試み。
何かを伝えたい。届けたい。
その為の手段は現代社会では多岐に渡る。
日々SNS等を通じて次から次へ入ってくる情報の、その波に溺れるものや乗りこなそうとするもの、ただ眺めるだけのもの。接し方は様々。もはや日常だ。
伝える・受け取る手段が一層多様化していく中で、しかし伝えたい中身やその本質はあまり変わっていないのではないだろうか?と、ふと思う。
”普遍的”と表現することが妥当かどうか判断はつかないが、例えば“気持ち”“思い”だったり。
ステージ上で群馬県代表アナウンサーとして富岡製糸場や焼きまんじゅうについてシンプルかつ丁寧に、そして柔らかい語り口で紹介していく山部さん。「伝えたい」「届けたい」という確かな意思。プロの仕事。ラジオ出演時にお話しされていた「誰かに寄り添って、気持ちを伝える」という言葉を思い出す。
しばし聴き入る。これはLIVEだ。
山部さん!しっかりと勉強させて頂きました!!より一層体現していかなくちゃねー。ラジオにブラアクに。
以上、羽田マルシェの話し(?)。
自分へのご褒美は、夏場に向けて乾麺を買いました。
出店ブースどこを回っても熱く商品をPRしてくださり、大変に楽しい遠足でした。
肝心の酒のツマミは、、、良いLIVEと航空機!
(どのパフォーマンスも素晴らしく、特にご当地アイドルの破壊力に脱帽。ディープ。詳細は牧野さん渾身のレポートをご覧ください。
……Perfumeで締められない下手くそ。
  Twitter @h_brandnewocean バランスボール🌐とカレー🍛とイベントの告知がメインです。   SUZURI(スズリ) サウンドウェーブショップ「つたや」 2019年観察し続けた#つたとサウンドウェーブ感満載のグッズを作って販売しています。   note →こちら グッズ制作記録を書き始めました。